米国景気後退のきっかけは?

マーケット

最近はいつ米国の景気後退がはじまるかって話題が増えてきたね

利下げ期待でこれでもかというくら株価が上がって、もうポジティブな材料は出尽くしたという意見が多い

FRBが利下げをするという期待から金利は下がり、株も債券も価格が上昇しています。

特に株はNYダウが過去最高値をつけるなど、怖いくらいの高騰ぶりです。

スポンサーリンク

評価益が出ているときこそ点検を

ウハウハだね!

確かに投資をしている人はかなり含み益が大きくなっているはず

でもリスクは時価総額が膨らんでいるときこそ大きくなるんだ

ジェットコースターと同じで、高いところまで登ればそれだけ下降するときの衝撃も大きいです。

株式や投信のような現物であれば、急に換金が必要にでもならない限りは気にしなくても良いのですが、CFDのような証拠金取引をしているときには、あらためてどこまで下落しても大丈夫なのか再点検すると良いでしょう。

ちょっと古い記事ですが、こちらで似たような話をしています。

FTSE100が大幅下落!価格下落時の最適解とは
株価指数CFD関連記事のもくじはこちら。 12月に入ってからFTSEが大幅に下落していて、執筆時点(2018年12月22日)で6,721と、2年ぶりの安値となっています。 FTSE100に限らず、日経平均、NYダウも同様に下がっ...

逆イールドの何が悪いのか

ちょっと話が逸れたので、ここで本題に戻したいと思います。

逆イールドだから危ないとよく言われているけど、正直なぜなのかさっぱり…

一概には言えないけど、中央銀行は金融を引き締めようと短期金利を上げている一方で、投資家は景気が悪化していくと思って長期の国債に投資すると発生しやすい

いろんな考え方があって、これだ!という答えは難しいのですが、ひとつ言えることがあります。

金融機関にとって大きな収益悪化を招くということです。

金融機関では、お客さんから受け入れた預金などの、比較的短い期間で調達したお金を長期の国債に投資します。

短期金利が上がり、長期金利が下がって逆イールドになれば、当然そこで稼げる利ザヤ(長短スプレッド)が減少します。

そのまま収益が悪化して銀行の決算がぼろぼろになんてことになれば…

このまま銀行の収益構造が変わらずにいれば、それがきっかけで下降局面になることは十分ありえるね

これからの企業決算に注目

こんなに株高なのに企業の決算が悪くなるの?

今の株高は企業の業績ではなく、金融政策でドーピングされたようなものだからね

一番気になるのが、米中の貿易摩擦の影響で企業の決算が悪化しているのではないかということです。

貿易摩擦の影響で株価が大きく下がったことがありましたが、その後は利下げ期待などの金融政策によって回復しました。

ですが、いよいよ貿易摩擦の影響が実体経済にまで及んでくる時期なのではないかと思っています。

大手の企業の決算が軒並み悪化していたら…

ここまで上がった分、反動も大きいかもしれない

どう動くべき?

こういうときはどうしたら良いの?

何もしない

いつも何もしないね、あんた…

下がるような気がするけど下がらないかもしれないし、どうなるか分からないものは分からない

以前も書きましたが、先を読めないからこその積立投資です。

株価が下落したら安く買いたたけると喜んでおきましょう。

ただし、冒頭で書いたように、証拠金取引などのロスカットの可能性がある商品に投資している場合には、ちゃんとどこまで耐えられるかを再点検し、撤退ラインまであとどのくらいかをちゃんと確認しておいた方が良いです。

ということで言えることはいつも同じ。

初心を忘れず、最後まで駆け抜けましょう!

コメント