キャッシュレス決済でクーポンが流行る理由

金融サービス

キャッシュレス決済、一時期は大還元争いだったけど最近はクーポンが増えてきた印象。

集客のきっかけにもなるし、キャッシュレス決済とクーポンの相性の良さもあってかなり見かけるようになったね。

スマホのアプリを使ってもらうことで、企業側から積極的にクーポンを配ることが可能になりました。

昔からそういう取り組みはありましたが、キャッシュレス決済とセットになることで忘れられるということも減り、使うための手間も減っています。(それでも若干面倒ですが…)

あっちは還元率が〇〇でこっちはクーポンが××で、お得なのは…

還元の連鎖とクーポンの追加で逆に振り回されてしまう人が多そう…

スポンサーリンク

クーポン連発の理由

一律何%還元というキャンペーンと違って、クーポンの場合は顧客がどのような商品に対して強い反応をするのかという情報が分かりやすいのでしょう。

また、欲しいものを買う時にクーポンを使うのではなく、クーポンがあるから買うという逆転現象も起きていそうです。

クーポンあるしアイス買っちゃおうかな…なんて普通に思っちゃうよね

やむなし

どのジャンルの商品でクーポンを出すとお客が店に来るのか、売り上げが伸びるのか、一緒にどんな商品が買われるのか、とても面白いデータになりそうですね。

そういうデータを取られることに対する抵抗感がある人もいるとは思いますが、個人的にはそれを活かしてより便利な社会になってくれれば文句はありません。

その人がその時欲しいであろうクーポンが配られるようになれば、お店も消費者もWin-Winです!

コメント