日本はデフレ脱却できるのか

経済

そもそも日本ってデフレなの?インフレなの?

物価は超緩やかに伸びているけどほとんど横ばいかなぁ

統計上は家計所得も伸びていて、企業は値上げをしやすい環境ではあるはずなのですが、ほとんど値上げは起きていません。

正直類似商品も多いから値上げされたらよそに移るだけだね

過度な競争も値上げをためらう原因のひとつなのは間違いないね

スポンサーリンク

インフレを目指す理由

そもそもなんでインフレを目指してるんだっけ?

昔から緩やかなインフレは国の経済を成長させると考えられているんだ

  1. 物価が上がる
  2. 日本円の価値が下がる(今まで100円で買えていたものが買えなくなる!)
  3. 円安になる
  4. 輸出企業が好調になり株価が上がる
  5. 外国人旅行客も増える

良いことずくめに見える

大事なのはなんでインフレになっているかということなんだ

需要が供給を上回ることによって起きるインフレは、企業の生産活動を活性化させて、社員の給与も増えていきます。

それにより消費も活発になり…という好循環です。

一方で、昨今の金融政策では、マイナス金利という異次元の金融緩和を行い円安を推し進めました。

それに伴い輸出企業の業績は上がり、株価も上がったのですが、思ったほど社員の給与は伸びず、消費も伸びませんでした。

一方で、円安により輸入に頼っている原材料のコストが上昇し、微妙なインフレ気味になっていました、社員の給与はたいして伸びていないのに…

今でこそだいぶ家計所得は伸びてきましたが、まだまだ消費に積極的になるような段階ではありません。

個人に転嫁されない物価上昇

でもそんなに物価が上がっているという実感はないなぁ

コスト上昇がほとんど消費者に転嫁されていないのが最近の特徴なんだ

実は企業間のサービスなんかでは結構価格が上がっていたりします。

分かりやすい例だと、Amazonと配送会社でのやり取りなんかがニュースになっていたと思います。

一方で、消費者に対してはあまりコストの上昇は転嫁されていません。

冒頭で話した通り、顧客離れを恐れているところが多いのではないかと思います。

新しい経済成長

結局商品が高く売れないんじゃ収益は伸びないんじゃ?

そこで多くの企業が取り組んでいるのが省力化によるコスト削減なんだ

  • 事務作業の自動化(この間の記事の内容に近いです)
  • 接客のシステム化(セルフレジ、居酒屋のタブレット注文など)
  • ネット予約

このようなコスト削減でなんとか個人消費者への価格転嫁を吸収し、顧客離れを防ごうとしています。

景気が良くなっても物価が上がらないってこと?

限界はあると思うけど、物価が上がらないイコール景気が悪いとは一概に言えない時代がきているのかもしれないね

生産性が上がるのは喜ばしいけど、ちゃんと労働者に還元してよね!

物価が上がってなくても生産性が上がっているから国の経済は成長しているんだ!!と胸を張って言えるような結果がでて欲しいものです。

コメント