業務効率化のジレンマ

金融業界

最近AIやRPAで業務効率化しましたって記事が多いね

金融機関を中心になんとかコストを減らそうと頑張っているね

金融機関では三井住友銀行が初期のころからかなりRPAに力を入れていたと思います。

最近では損保ジャパンもRPAを活用して4,000人の人員削減を行うと発表しています。

スポンサーリンク

人の仕事の行き先

AIに仕事を取られていく~

定型業務は自動化して、溢れた人員をもっと付加価値のある仕事にまわしていくという考え方みたいだよ

AIに仕事取られちゃうような人がそんな高度な仕事できるの?

辛口…でも超低金利のあおりを受けている金融機関を中心に、やってもらわないことにはもう持たないという企業が多いのが実情だね

実際問題として、業務を効率化した後の出口戦略は非常に重要なのですが、とても難しい問題です。

企業としてはそこで溢れた人はリストラしてしまいたいというのが本音なのでしょうが、解雇規制的にも、レピュテーション的にもそれはできません。

そうすると結局

  • 他の仕事へシフトしてもらう
  • 新卒採用を抑えて自然減へ向かう

あたりが落としどころなのでしょう。

先日の損保ジャパンの件では新卒採用を絞って自然減を狙いつつ、余った人員を介護やセキュリティ等の伸びしろのある分野へ転属させるという方針のようです。

ここまではっきりと配置転換を表に出して言ったのは初めて見た気がします。

年老いる企業

新卒採用を絞って人を減らすってのもいまいちな気がするなー

年老いた企業になる一方だね、だからといってご年配の方々のリストラもできないから仕方ない…

若い人はそんな会社に入りたいとは思わないだろうね

企業としても苦肉の策だ

それでも具体的な数字を出して業務効率化の出口戦略を語っている企業はまだマシです。

この手のセミナーやシンポジウムにも何度か参加してきましたが、業務効率化が目的になっていて、それで浮いた時間はお茶してるなんてギャグみたいな企業もあったりします。

とはいえ、実際に業務効率化に取り組むことが目的で、新技術を使って業務効率化に取り組んでいますという対外的なアピールが目的という側面も否定はできません。

くだらない仕事は自動化して若者が力を発揮できる環境になれば良いね

そ、そうだね…

大丈夫、まだまだ若いよ!

コメント