金利ゼロでもお金を貸す銀行

金融業界

前回の金利政策の話に引き続き、今回も金利(日本)のお話です。

マイナス金利ってお金を借りたらお金をもらえるってことだよね?

お金を預けたらお金が減るということでもある

じゃあタンス預金でいいよ

もちろん、理屈上の話であって、実際にそうはなりません。

マイナス金利にはならず、限りなくゼロに近い金利しかつかないという程度ですね。

さすがの銀行もマイナス金利にして社会の批判にさらされるようなことはしないでしょう。
(一度でもATMなどで手数料を払えばマイナス金利と一緒ですが…)

スポンサーリンク

マイナス金利にする理由

なんで日本はマイナス金利にしているの?

前回の話と同じく景気を刺激するため、後は円高を防ぐためかな

前者は前回の記事の通りとして、後者は日本固有の問題かもしれません。

日本円は安全資産として何かと需要が上がって、円高になることが多いです。

そうなると輸出企業の多い日本は株価が下がっていきます、いつものパターンですね。

そこで円金利を下げることで円の魅力を落とし、円需要を下げて円安へ引っ張ろうという策です。

だったらどんどんやっちゃえばいいじゃん

副作用があるって言ってるだろ!

マイナス金利に苦しむ金融機関

日本にマイナス金利政策で分かりやすく苦しんでいるのが金融機関ですね。

もはやお金を運用する先がありません。

大型の貸し出し案件をゼロ金利で落札したなんてニュースになっていた。

銀行はタンス預金なんてできないので、余ったお金は日銀に預けます。

そしてそこでもマイナス金利、もはや持っているだけで資産が目減りしていきます。

そのため、公共性の強いプロジェクトであれば比較的信用リスクも低いため、ゼロ金利でもマイナスよりはマシということで貸し出してしまう訳です。

銀行間ではマイナス金利でやり取りしている一方、個人や法人とのやりとりはゼロ金利どまり、マイナス金利の世界にいるのは金融機関だけという八方ふさがりな状況ですね。

稼ぐための戦いではなくて損しないための戦い…

どの銀行も稼ぎを増やせないからコストを減らそうと業務効率化に必死です

たまにニュースになる銀行のRPAやAIを使った業務効率化については、私も以前携わったことがあるのでそのうち書いてみたいと思います。

ところでアイコンのふたり、呼ぼうとしたら名前決めていないことに気づきました。

ちゃんと考えないといけませんね。

コメント