金利が下がると何がうれしい?

金融業界

金利が下がると何がうれしいの?

低金利だから借金しやすいでしょ!

半分冗談で半分本当です。

スポンサーリンク

金利低下による好景気

金利が下がると企業は設備投資などのために借り入れを積極的にできるため、景気は上向くと言われています。

トランプ大統領も利下げを推し進めたいようで、7月のFOMCで利下げになることはほぼ間違いないでしょう。

トランプ大統領は不動産王と呼ばれていることからも分かる通り、低金利下の不動産事業で財を成した人です。

基本的に低金利の時は借金しやすいために不動産の需要が伸びますし、その時の成功体験から低金利で経済が活発化するという持論があるのではないでしょうか。

低金利の副作用

それならどんどんやれば良いのに…

ある種のドーピングみたいなものでもちろん副作用もあるよ

株と債券はお互いに補完的な関係にあり、

  • 株価が上がるとみんな債券(国債)に興味がなくなって自然と金利が上がる
  • 株価が下がると安全な債券の需要が上がって金利が下がる

という関係が一般論として認識されていました。

リーマンショック時なんかは、何も考えずに証券マンに勧められるまま国債を買って放置していた老人が一番儲けていたなんて笑い話もあるくらいです

最近は株価高いのに金利は低いよ?

株式市場は金融緩和という杖なしでは立てなくなってしまったのじゃよ…

景気が悪い時には金利を引き下げて経済を刺激するというのが伝統的な金融政策でしたが、最近では事情が変わってきているように思います。

基本的に、株価が上がってくると、正常な金利に戻そうと中央銀行は金利を上げようとするのですが、最近はそれに猛反対するかのように株価がどんどん下落していきます。

米国も利上げ基調かと思いきや、米中摩擦の悪化も重なり一気に株価が下がったので、利下げ濃厚となりました。

そして、今話題になっているのは米国の利下げについてですが、おそらく日本にとって良いことはあまりないんだろうなぁと思います。

  • ドル金利が下がる⇒円需要が高くなる⇒円高が進む⇒日本の株価が下がる
  • 低金利が進み金融機関の投資が厳しくなる

米国の金融政策については7月30日~31日のFOMCで発表されますが、下げ幅は0.25%とも0.5%とも言われています。

ちなみに日本の日銀決定会合はその1日前なので、FOMCの決定を受けて円高にならないように対策を取るのは難しそうです。(先日の日経新聞でも記事になっていましたね)

株高債券高のバブル

このままずっと低金利が続くと、冒頭で書いたような不況時に金利を下げて経済を活発化させるという手段が取れなくなってしまいます。

投資家としては株価が上がってくれればそれでハッピーではあるのですが、それがこの先何十年も続くとはとても思えないので、やはりバランスを取って欲しいですね。

個人的に、現在は株高債券高のバブル状態に近いと思っています。

はじけた時に何が経済を救うのか…分かりません。

インデックスの積立投資をしている身としては、やっぱり三歩進んで二歩下がるくらいでゆっくり成長を続けてくれるのが一番いいですね。

オチなしだよ

コメント