ボーナスの時期がやってきました

経済

唐突に懐かしのアイコンからスタートです

どういう風の吹き回し?

ちょっと趣向を変えて、日記っぽい時事ネタを書いてみようかなぁと、

せっかくだからアイコンで登場、作ったのは冬なのにもう夏だよ…

夏、夏といえばボーナス!!

ということで、6月は夏のボーナスが支給されるという方も多いと思います。

わざわざ私がここで言うまでもなく、みなさん考えて使っていると思いますので、今回は私のボーナスについての考え方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ボーナスの使い道

意外と思われるかもしれませんが、実は私、ボーナスは全部貯金にまわしています。

さんざん投資を推しておいて貯金なの!?

 

いやぁ、ボーナスっていつも貰えるとは限らないし…

そうなんです。

まさにリーマンショックの時期、私は金融系に勤めていたこともあり、思いっきりボーナスをカットされていました。

私は積立投資がモットーなので、「ボーナスをあてにしてたけど少なくて積み立てられなかった」なんてことは避けたいということもあり、基本的に投資は毎月のお給料からしかやっていません。

だから毎月かつかつなんだね

 

かつかつどころか出費が多い月は赤字だよ☆ミ

個人的にボーナスで補填しないと毎月積み立てられない金額はちょっとやり過ぎかなぁと思っています。

どのくらいのお金を投資に回すのかは人それぞれですが、私は投資している金額以上の貯金を必ずキープするようにしています。

ボーナスはその貯金の原資というわけです。

貯金の使い道

私の場合、貯金は

  • 万が一の出費のため
    ⇒怪我とか病気とか…
  • 不況時に証拠金を積み増すため
    ⇒株価指数CFDはレバレッジ取引なので…
  • 不況時に投資を増やすため
    ⇒暴落時が一番の投資チャンス!

を目的にしています。

おひとり様は自分のことだけでいいから楽だね

うるさい…

その時の相場次第では、投資をやめようとすると大きな損が出てしまうこともありますので、急な物入りにはやはり貯金が一番です。

もちろん、そこは保険で賄えたりもするのですが、私は積立型の生命保険にしか入っていないので貯金頼みです。

死んでも受け取る人いないじゃん

うるさい…

もちろん満期が来たら自分で受け取る前提です。

ボーナスから考えるライフプラン

話は逸れましたが、それなりにまとまったお金の入るボーナスは、自分のライフプランを考える良い機会だと思います。

まとまったお金をいきなり投資に回すのはちょっと怖いですしね。

ただ、始めるきっかけとしてボーナスから少し出すのはありだと思います。

考え方は人それぞれ、自分の納得できる答えを探して、有効活用していきましょう!

コメント